【可動式】中央分離帯タイプ 特徴

中分HP2.JPG

T 上部ブロックの撤去・再設置が素早く行えます。

U 上部ブロックの撤去・再設置がクレーン以外にフォークリフトでも行えます。

  場合によっては、ハンドリフターでも。

V クレーン作業でのワイヤー、ベルトスリング用の溝をズレ防止用に

  設けてあります。

W フォークリフト用の挿入孔は、排水孔にもなります。

X 横断防止柵は、プレート式でボルト固定になります。

Y 柵ごと移動できるので、上部ブロックのみを仮設柵に使用できます。

 

【中央分離帯を撤去したイメージ】

中分HP3.JPG

 

中央分離帯を上下2分割式にすることで車道の上り下りの行き来を可能にしました。

事故や災害発生時の緊急時に通行できるようにしたり

お祭りや歩行者天国など道路を会場として利用ができます。