車両用防護柵 Gr-L型擁壁(プレキャストL型擁壁)

車両用防護柵基礎一体型プレキャストL型擁壁

NETIS QS-030051-V(旧登録)

NETIS活用評価 

建設技術審査証明取得(建技審証 第0438号)

「Gr・L型擁壁」は、衝突荷重に対する擁壁の安定性、強度及び車両用防護柵が持つ車両の誘導性能や路外逸脱防止性能を実車衝突試験で確認したプレキャストL型擁壁です。
大型トラックが衝突する様子をご覧下さい!



【特徴】

  • 擁壁の設計にあたっては、等分布荷重10kN/uの自動車荷重に加えて、種別C種・B種ガードレールに作用する推力30kNを考慮してありますので、土圧(試行くさび法により算定)や衝突に対しても十分安全です。
  • 補強土壁工法等の上部にガードレール基礎として使用することも、直接基礎上に施工することも可能です。
  • 補強土壁工法等の上に設置した場合と、直接基礎上に設置した場合の2通りについて、Gr・L型擁壁にガードレールを設置した状態で実車衝突試験を行い、種別C種またはB種車両用防護柵に所定の車両衝突荷重が作用しても、擁壁は安定していること、擁壁の有害となるひび割れが発生せず破損しないこと、補強土壁工などの下部擁壁工に与える影響が少ないことを確認しました。
  • 縦断勾配(最大15%)や曲線区間での施工も可能です。

 


【形状・寸法図】
Gr・L型擁壁01.gif

( )内の数値は粘性土の場合の製品寸法になります

※500・800タイプには、水抜き孔はありません。吊り金具にて据え付けを行います。
※安全のため、吊り金具はしっかりと固定し、吊り荷の下には決して入らないでください。
※連結ボルトはM16を使用します。またボルト連結後フランジ内には必ずモルタル充填をお願いします。
※地域によっては表面に模様を施している製品もございます。
※粘性土対応製品を製造していない地域もございます。
※寸法・形状について予告無く変更することがあります。



【施工例】

Gr・L型擁壁02.jpg Gr・L型擁壁03.jpg Gr・L型擁壁06.jpg
Gr・L型擁壁04.jpg Gr・L型擁壁05.jpg