ロードプラス

簡易張出式道路拡幅工法

ロードプラス

 

概要

山間部など道路狭小部における1.5m程度の小規模な道路拡幅を目的とした簡易張出式道路拡幅工法です。

 

【特長】

側および谷側環境への影響低減

張出構造のため、山側地山の堀削が不要で、河川・水路などの谷側への影響を極力低減できます。

 

・早期交通開放

プレキャスト製品を使用することで、仮設工事が低減できるほか、工期の短縮が図れます。

 

・コスト低減が可能

既存擁壁の天端の一部を撤去してブロックを設置するため、擁壁の再構築が不要となり、コスト低減に繋がります。

 

・車両用防護柵に対応

車両用防護柵(B種・C種)に対応しており、支柱取付用Pタイプの設置スパンにより、車両用と歩道用のどちらの防護柵にも対応できます。

 

・地域特性に応じた道路拡幅

地域特性に応じて、大型車両仕様または中型車両仕様のそれぞれに対応できます。

※張出部の自重及び上載荷重が増加するため、必要に応じてロードプラスの影響荷重を考慮した下部工(既設擁壁及び杭など)の検討を行います。

 

ロードプラス1.jpg

※1750タイプのサイズも現在ご用意しております。

【参考断面図】

ロードプラス2.jpg

※1750タイプのサイズも現在ご用意しております。

【カーブ施工】

カーブ用製品の使用により、次の範囲のカーブに対応することができます。

ロードプラス3.jpg

ロードプラス
1000
内カーブ 10.1m以上 ロードプラス
1500
内カーブ 15.1m以上
外カーブ 16.7m以上 外カーブ 23.8m以上

※1750タイプのサイズも現在ご用意しております。

【施工手順】

ロードプラス8.jpg

※1.スパンは5本となります。Pタイプ3本、Fタイプ2本を基本としてご使用下さい。

※2.標準的に使用可能な縦断勾配は10%以下としてください。上限を15%までとし、必要に応じてズレ止め対策をご検討ください。

 

【強度確認実験】

ロードプラス4.jpg

水平載荷実験 結果 鉛直載荷実験 結果
荷重項目 荷重(P) 状態 荷重項目 荷重(P) 状態
規格荷重
(最大荷重)
54kN 本体異常なし 規格荷重 70kN 異常なし
支柱降伏 95kN ひび割れ確認
      最大荷重 373kN 破壊

 

【施工実績】

<山間部における道路拡幅>

ロードプラス5.jpg

ロードプラス6.jpg

ロードプラス7.jpg

 

<水路・河川沿いの道路拡幅>

road_plus9.jpg

road_plus10.jpg

road_plus11.jpg

 

<都市部などの交差点における道路拡幅>

road_plus12.jpg

road_plus13.jpg

road_plus14.jpg

 

>>ロードプラス施工実績