【閑話】蓋は上か落ちるか、アゴは無いか有るか

「上ぶた」か「落ちふた」か、”アゴ”は有るか無いか…
何の話かわかりますか?

 U字側溝に”アゴ”があるのはご存知でしょうか?
 お恥ずかしながら、この記事の担当者は最近知りました。
 この業界に入って少しだけ経ちましたが、まだまだ覚える事が沢山あると実感させられました。大変ですが、新しい事を知れるのは楽しい限りです。
 学びは人に教える事でよりしっかりと覚えられると云われているので、復習を兼ねて記事にする形で残そうと思います。

シンプルに見えて複雑なU字側溝

 さて、コンクリート二次製品や土木には「U字側溝」という製品があります。
 昔から広く普及している製品故に「U形側溝」「U型側溝」「U字溝」等、様々な名称で呼ばれています。
 読んで字の如く、U字の形をした側溝ですが、大きく分けて2種類あります。
 広く普及している「上ぶた式U形側溝」、安定性と耐荷重性を向上した「落ちふたU形側溝」です。

 この2つの側溝にも、複数の通称名があります。
 「上ぶた式U形側溝」は古くからあり、U字側溝といえばコレ!という時があった為、大分類の「U字側溝(略してU字溝)と呼ばれる事もあります。また、後述の「アゴ有り」に対して「アゴ無し」とも呼ばれます。
 「落ちふたU形側溝」は、かつて道路の側溝といえばコレ!という時があった為、「道路側溝(略して道側)と呼ばれる事もあります。また、蓋を受け止める為の独特な形状を”アゴ”に見立てて「アゴ有り」とも呼ばれます。

 これだけなら面白い話で終わるのですが、厄介なのは「上ぶた式U形側溝」を「U字側溝」と呼ぶ点です。
 何が起こるかと云うと、話の中で「U字側溝」が出てきた時、どの側溝の話をしているか、わからなくなってしまうのです!
 同じ名前の規格でも、全く別の製品になので要注意になります。

 大事な話の時は「上ぶた」か「落ちふた」か、”アゴ”は有るか無いか…
 しっかり確認して行きたいです。

>側溝について、詳しくはこちら。