ソーラーキーパー

ソーラーキーパー
ソーラーキーパー

耐久性と施工性、面積コストに優れたコンクリート製の太陽電池モジュール基礎架台

ソーラーキーパーの4つの特長

ソーラーキーパーの4つの特長

  • 耐久性
    コンクリート製にすることで、鋼材と比べて耐久性に優れています。
  • 追従性
    様々なモジュール寸法に対応し取付けが容易です。また、パネル設置プランに合せ製品形状・寸法・角度等様々な要望に対応可能です。
  • 経済性
    全体工期の短縮。また架台設置部は防草効果があり、初期対策費及び維持管理費用を低減します。
  • 施工性
    基礎工を必要とせず整地のみで設置可能です。また、自重で風荷重等に抵抗するため、施工は据付のみで掘削やアンカーをとる必要がありません。(アスファルト上設置でも問題ありません。)

設計方法

JIS C8955:2004「太陽光アレイ用支持物設計標準」に準拠し検討しています。
設計からお手伝いします!

施工手順

1.ソーラーキーパーの搬入

ソーラーキーパーの搬入

※運搬方法についてはお問い合わせください

2.荷下ろし

荷下ろし

専用の吊金具で下ろします。

3.基礎砕石

基礎砕石

基礎砕石は10cmを基準として、振動インパクト等により転圧を行います。

4.基礎レベル調整

基礎レベル調整

基礎砕石施工終了後、空練りモルタルまたは砂の敷均しを行います。
敷きモルタルまたは砂は3cmを標準とします。

5.製品据付け

製品据付け

ソーラーキーパーをクレーンで所定の位置に据付します。

6.製品連結

製品連結

連結金具(M12)によりソーラーキーパーを連結します。

7.モジュール受材仮置き

モジュール受材仮置き

設計に合わせてレールアンカー取付け(後付けレールタイプのみ)、モジュール受材(20kg~30kg)の取付けを行います。

8.レールアンカー・モジュール受材取付け

レールアンカー・モジュール受材取付け

レールアンカーを固定した後に、モジュール受材の取付けを行います。

9.モジュール設置状況

モジュール設置状況

(左)直付けタイプ(F)(M12を使用)
(右)後付けレールタイプ(F)(M12六角穴付ボルト使用)

10.接続箱の取付け

接続箱の取付け

ソーラーキーパーの後ろに接続箱等を取り付ける事ができます。

11.モジュール取付け

モジュール取付け

モジュールを取付け、受材を固定します。

12.竣工

竣工

※アスファルト上の設置の場合調整モルタルで調整します。

納入実績

クリーンエネルギーである太陽光発電は、環境問題や資源問題への関心への高まりから、これまで以上に注目されています。様々な太陽電池モジュールに対応できる「ソーラーキーパー」は地球に優しい太陽光発電をサポートします。