セーフティロード

施工手順へ▼

セーフティロードは人命保護最優先設計です。

何気ない通過点をコミュニケーションの広場にしたい・・・
歩道への思いが形になりました

「道」それは現代社会においてはならないもの。
しかし、その「道」というものは誰もが車社会の「道」と思い込むでしょう。
モータリーゼーション(車社会)が発達するまでの「道」は、交通手段が人の足でした。
さまざまな出会いは「道」から生まれてきたのです。
私たちの仕事は、もう一度その「道」を「出会いの道」に戻すことです。
「人にやさしいコンフォタブルロード(快適な道)を…」
セーフティロードの願いが全国の道をつないでいます。

特長

  • 施行のスピード化
    行程の短縮が可能な為、工事起因の公害が大幅に減少します。
    (従来工法の1/4に工期短縮をはかり、周辺環境への影響を少なく出来ます。)
  • 安全性の向上
    リブ構造体で基礎部と床版が一体化した為、安全性が非常に高くなりました。
    (アンカーボルト等の材料を不要としました。)
  • 流水断面の保護
    片持式支持構造である為、河川や水路沿であれば、流水断面を欠損することなく歩道設置が可能です。
  • 半永久的構造物
    厳密な品質管理の下で製造されたRCコンクリートの為、設置後のメンテナンスが不要となります。
  • 工期短縮による経済性アップ
    工程の省力化によって、トータルコストの低減が可能になります。

セーフティロードの製品図

セーフティロード(張出歩道)製品図

施工事例

郡上市

郡上市

高山市

高山市

各務原市

各務原市

恵那市

恵那市

芸濃町

芸濃町

いなべ市

いなべ市

名古屋市千種区

名古屋市千種区

瀬戸市

瀬戸市

尾張旭市

尾張旭市

日進市

日進市

蒲郡市

蒲郡市

可児市 やすらぎの森

可児市 やすらぎの森

大桑村地内

大桑村地内

中津川市付知知内

中津川市付知知内

他、施工実績はこちら

施工手順

*画像データになっています。
事前に画像を保存して頂ければ、インターネットが使用不可能な環境でも手順のご確認ができます。

ページトップへ▲